ED(勃起不全)とその治療薬

LEVITRA(レビトラ)20mg

LEVITRA(レビトラ)20mg

LEVITRA(レビトラ)20mgは、認可を受けたED治療薬レビトラの高容量タイプです。

 

LEVITRA(レビトラ)は、塩酸バルデナフィルを主成分とするED治療薬で、ヨーロッパやアメリカだけでなく、日本でも正式な認可を受けています。塩酸バルデナフィルは、勃起に必要な陰茎の血管拡張を邪魔する酵素の働きを妨げることで、陰茎の血管拡張を促進します。そのため、LEVITRA(レビトラ)を服用すると、正常な性交に必要な勃起が得られるようになります。また、LEVITRA(レビトラ)は、バイアグラなどのED治療薬と違い、食後に飲んでも十分な効果があります。現在発売されているのは10mgのものと20mgの2種類で、LEVITRA(レビトラ)20mgは、有効成分が20mg含まれた高容量タイプです。

 

LEVITRA(レビトラ)は、EDの治療に用いられるお薬です。

 

LEVITRA(レビトラ)20mgを飲んで頭痛が起きたという副作用の報告が、比較的多くあります。また、のぼせたように頭がぼんやりするというのも、比較的多くある副作用の症状です。その他に、めまいを感じたり、顔が火照って赤くなることや、人によっては鼻水が出たり、鼻がつまったり、また、胃の調子が悪くなって消化不良を起こしたりすることもあるようです。ものが青みがかって見えるようになるという症状や、光をとても眩しく感じるようになるという症状も副作用として報告されていますが、これらの副作用はどれも一過性のものなので、薬の効果が消えると同時に症状もなくなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ